Intel Tiger Lake-H CPUは、2021年第1四半期に最大8コアで到着します。

主要なODMメーカーであるCompalが共有する計画によると、Intel Tiger Lake-H CPUは2021年第1四半期に到着する予定です。また、共有する計画によれば、これらのCPUには8つのコアがあると予想されます。

具体的には、今年の9月に来年の初めに4コアが計画されているTigerLake-Uの発売に続いて8コアのバリアントが登場します。 これは驚きです。これまでのところ、Tiger LakeはUバリアント、つまり15〜28ワットのTDP用のネイティブクアッドコア設計について話してきました。

  • Intelは7nmチップを2022年まで延期しました
  • Intelは、折りたたみ式およびデュアルスクリーンデバイス用に2つのLakefieldハイブリッドプロセッサを導入しました
  • AMDはRyzen4000シリーズの発売を2021年に延期する可能性があります

7 nmの生産がシフトし、パイプラインのRocket Lakeのバックポートのみが10nmのCPUコアが14nmにバックポートされるため、ハイエンドノートブック用の実際の10nm製品が欠落しています。これでTigerに対応できるようになりました。 Lake-H。 ここでは競争が急に激しくなっているため、特にIntel Coreと比較して、TDPの下部と中部では、8コアのルノワールが明らかに優勢です。

したがって、Hバリアントは引き続きDDR4メモリでアドレス指定され、UバージョンはLPDDR4に加えて新しいLPDDR5もアドレス指定できるはずです。 ステートメントの一部は、TigerLakeチップから出現した最初のブロック図によって支えられています。 ノートブックには数週間にわたって何度も登場していますが、すでに大規模な生産が開始されているため、開始予定日の4週間前が良いことは当然のことです。

Intel Tiger Lake-H CPU
Intel Tiger Lake-H CPU

ブロック図は、少なくともIntelにとっては新しいことを示しています。SSDには4レーンのPCIe Gen4が提供されています。 これにより、IntelはAMDを超えてしまいますが、Renoirはまだノートブックでこのオプションを提供していません。

技術的な詳細は2週間以内に共有されます

わずか数日で、Intelは最初の公式を公開し、次にTigerLakeに関する技術的な詳細を公開します。 遅くともHotChips 32の一部として、8月17日のプログラムによると、詳細が詳細に説明され、「Inside Tiger Lake:Intelの次世代モバイルクライアントCPU」と表示され、その後に「The Xe TigerLakeプロセッサの一部である「GPUアーキテクチャ」はです。

Intel Tiger Lake-H CPU

  ガイド:ロストアークでアルベラスティックガーディアンを倒す方法は?